MENU

薪ストーブの意外な活用方法について

スポンサードリンク

DanLife > 薪ストーブコラム > 活用方法がさまざまな薪ストーブの魅力をお伝えいたします

2017.11.26
マツ

薪ストーブには暖房以外にもさまざまな活用方法があります

こんにちは。マツです。

今回は薪ストーブの意外な活用方法について紹介していきます。

薪ストーブのメインの使い方は暖房器具だと思いますが、実は他にもいろいろな活用方法があります。この記事で別視点からの薪ストーブに気づいていただければと思います。

 

調理器具としての活用方法

 

薪ストーブは部屋を暖めながら、焼いたり、蒸したり、煮たりすることができる調理器具でもあります。調理ができる部位別にチェックしていきましょう。

火室

火室ではスタンドを用意して、その上に鍋類を置くことでオーブン料理をつくることができます。スタンドは薪ストーブ専用のものが販売されているので用意しておきましょう。また、鉄板や網を用意することで直火料理をすることもできます。

 

ストーブトップ

ストーブトップが温まっていればコンロと同じように使うことができます。ただし、コンロよりも高温になりやすいので、注意が必要です。ストーブトップはフライパンや網を用意して焼いたり、鍋を用意して煮たり、茹でたりと手軽に調理できる場所でもあります。

 

灰受け皿

意外にも灰受け皿で調理することも適います。温度が高過ぎず、焦げにくいのでオーブン料理をするのに最適な場所となっております。オーブン料理以外の活用方法もあります。サツマイモを灰の中に埋めておけば手軽に焼き芋をつくることができるのです。

 

除湿器としての活用方法

薪ストーブは除湿器としても活用することができます。湿度とはその部屋の気温と関係して決まります。部屋の気温を上げることで、空気中に含まれている水分を取り除かずに湿度を下げることができるのです。これで冬の乾きにくい洗濯物も簡単に乾かすことができますね。

 

まとめ

薪ストーブは部屋を彩る暖房器具として注目されがちですが、その実はさまざまな活用方法があります。暖房としてだけでなく、調理や除湿などにも活用して、薪ストーブのポテンシャルを最大限に発揮しましょう。

薪ストーブお役立ち情報カテゴリー一覧

  • トラブル
  • 関連商品
  • 使い方
  • メーカー
  • 薪
  • 料理
  • DIY
スポンサードリンク