MENU

工事費を予算に入れるのを忘れずに薪ストーブを設置しましょう

スポンサードリンク

DanLife > 薪ストーブコラム > 薪ストーブについて > 工事費は薪ストーブ正しく設置するためにいくらかかる?

2018.1.31
マツ

薪ストーブの導入にかかる工事費はいくら?

 

 好みの薪ストーブを見つけて、いざ導入しよう。と思っても、自分だけでは取り付けることは難しく、現実的に業者の力を借りることになります。しかし、実際に工事となるとどれくらいの費用がかかるか分からない人のほうが多いのではないでしょうか。今回は薪ストーブの導入するときに必要な工事費について紹介していきます。

薪ストーブの工事って何をするの?

そもそも薪ストーブを利用するために、どこを工事するかも分からない人もいるのではないでしょうか。主に薪ストーブの工事と言えば、煙突や炉台を設置するための工事のことを指します。煙突の役目は薪を燃焼した際に発生する煙を外へ逃がすために必要です。一方、炉台は設置場所の下部にある可燃物の低温炭化を防ぎ、薪ストーブから発生する熱を炉台全体に分散する役割を果たします。

肝心の工事費はおいくら?

一般的な薪ストーブの工事費は30万円から40万円かかるといわれています。もちろん、設置する場所などによって工事費は変動するので、正確な金額を確認するにはお見積りが必要です。注意が必要なのは煙突の取付工事の場合は煙突部材を購入する必要があります。煙突部材の価格は50万円から70万円と言われており、工事費より高価になるので、排煙できる設備が整っていない施設は気を付けておきましょう。

なるべく安く済ませるには

工事費だけで薪ストーブと同じくらい、もしくはそれ以上の費用がかかってしまうこともございます。工事費を安く抑えるためには何かを妥協する必要があります。例えば、薪ストーブを鋼板製のものにすることで工事費を安くすることができます。なぜなら、鋼板製の薪ストーブは軽いので、床抜けを防ぐための補強工事を行う必要がないからです。また、煙突も屋根を通す必要がないため、高価な煙突工事をする必要もございません。

まとめ

 今回は薪ストーブの工事費について紹介していきました。どうしても工事費は高価になってしまい、薪ストーブと同じくらいの費用になってしまいます。かといって、工事費が安い業者に依頼しようとなると安全性に問題が出てくる可能性もあります。納得のいく費用に抑えるためには自分がどこまで妥協できるかを模索することが必要です。

薪ストーブお役立ち情報カテゴリー一覧

  • トラブル
  • 関連商品
  • 使い方
  • メーカー
  • 薪
  • 料理
  • DIY
スポンサードリンク