MENU

メーカーの種類・薪ストーブ情報をまとめてご紹介

スポンサードリンク

DanLife > 薪ストーブコラム > メーカー > 薪ストーブメーカーをご紹介

2018.2.4
dan-life.com

メーカー別の薪ストーブ情報を一覧形式で紹介・徹底解説

薪ストーブのメーカーはどんなところがあるのか、をお調べの方に役立つ情報をご紹介。

 

薪ストーブメーカーは、非常に多くの種類があります。

全てをご紹介するのは難しいので、特に有名、人気なメーカーを取り上げて、ご紹介していきます。

各メーカーの概要から商品情報をまとめて掲載しているので、

薪ストーブのメーカーを知りたい方や比較をしたいという方は、ぜひご参照ください。

 

■ヨツール

・概要

ヨツールは、ノルウェーの薪ストーブメーカーです。

世界的な薪ストーブメーカーの一つで、1853年に創業されました。

デザインだけでなく、その機能面・構造面でも高い評価を受けています。

現在の薪ストーブ市場をリードしているメーカーの一つでしょう。

 

・薪ストーブの特徴

世界的にも評価される北欧のデザインです。

伝統的なデザインとシャープな現代的なデザインのどちらもあります。

無駄のない構造美と共に、熱効率を高まる蓄熱性といった最新の燃焼技術も惜しみなく使われています。

2007年の冬には、世界的なデザインアワードの一つであるreddotのbest of the bestを受賞した実績を持ちます。

 

・商品情報:JOTUL F3

世界的なベストセラー商品です。特に火の美しさを引き立てるゴシック様式のガラス扉は

非常に高い評価を受けました。デザイン性だけでなく、機能性も変遷を重ねて、常に進化をしています。

世界各地で、年間2万台以上販売されているという実績もあります。

------------------------------------------------------------

暖房方式:輻射式

燃焼方式:クリーンバーン方式

最大出力:7,740(kcal/h)

暖房面積の目安:100㎡(61畳)

最大薪長さ:40cm

------------------------------------------------------------

・公式URL

http://www.jotul.co.jp/

 

 

■バーモントキャスティングス

・概要

バーモントキャスティングスは、アメリカの薪ストーブメーカーです。

アメリカの薪ストーブメーカーの中では、非常に高い知名度を誇ります。

「家族」を重視した使いやすさや安全性へのこだわりが強く、製品の信頼度は非常に高いメーカーです。

世界中にファンのいる人気の薪ストーブメーカーでもあります。

 

・薪ストーブの特徴

子供や女性、家族で安心して使える機能性が特徴です。

「家族」での使用されることを非常に重要視しており、その精神が薪ストーブのデザインに反映されています。

扱いやすさ、安全性は薪ストーブメーカーの中でも、トップクラスです。

小さいお子様がいるご家庭などには、非常におすすめのメーカーになります。

 

・商品情報:ENCORE

ロングベストセラーとして世界的な人気を誇る薪ストーブです。

ストーブクッキングを得意としており、暖房機能と料理機能を高度に兼ね備えた薪ストーブになります。

サイズ感も大きすぎず、小さすぎずと日本の住居にもフィットします。

和、洋、モダンといった様々な部屋のスタイルにも合わせやすいデザインも評判です。

------------------------------------------------------------

暖房方式:輻射式

燃焼方式:フレックスバーン方式

最大出力:13,440(kcal/h)

最大薪長さ:55cm

------------------------------------------------------------

・公式URL

http://www.vermontcastings.com/

 

 

自分にあった薪ストーブメーカーを選ぶポイント

自分にあった薪ストーブメーカーを選ぶポイントは主に3つです。

順番に解説をしていきます。

 

基本的なポイントを押さえておくことで、

後悔の無く薪ストーブの購入をすることが出来ます。

 

①デザインを気に入るかどうか

 

まず初めに、薪ストーブのデザイン的に気に入るかどうかが重要です。

 

長く付き合っていくものになりますので、本当に満足できるデザインであることが望まれます。

自分の好みに合っているかどうか、また設置予定の家にデザインが合うかどうかを軸として、

見極めましょう。

 

②価格は想定予算の範囲内か

 

大前提として、想定予算で購入が出来るのかを確認する必要があります。

 

薪ストーブは、高いものだと100万以上のものもあります。

自分の予算事情を考慮して、無理のない購入をしましょう。

 

③機能性は十分か

薪ストーブの機能性は、充分かどうかを判断しましょう

 

年配の方でしたら、操作が非常にかんたんなものを選んだり、

料理が好きな方なら、クッキングに対応しているものを選ぶ必要があります。

 

暖房としての基本的な機能は、大まかに共通ですが、

操作性や機能性などには、メーカーごとに違いがあります。

 

自分は薪ストーブをどう利用していくのかを想定し、

それを踏まえた上で、機能性の合っている薪ストーブメーカーを選ぶようにしましょう。

まとめ

多くの薪ストーブメーカーから、 デザイン、機能性、価格で納得できる薪ストーブを見つけるのは、 少々ハードルが高いかもしれません。 デザイン(外観)、価格で納得出来るものを探すのは、 比較的容易ですが、機能性や構造などの面から自分に合ったものを探すのは、簡単ではありません。 ある程度デザイン的に気に入った薪ストーブをピックアップしておいて、 それを取り扱っている薪ストーブ販売店に足を運ぶことをおすすめします。 薪ストーブ販売店にいる専門スタッフの方に詳しい話を聞いてみると、 色々と詳しい話が聞けるので、納得できる購入に繋がるはずです。

薪ストーブお役立ち情報カテゴリー一覧

  • トラブル
  • 関連商品
  • 使い方
  • メーカー
  • 薪
  • 料理
  • DIY
スポンサードリンク