MENU

暖炉と薪ストーブの違いについて

スポンサードリンク

DanLife > 薪ストーブコラム > 暖炉と薪ストーブの違いはどこにあるのかを説明していきます

2017.12.14
マツ

薪ストーブと暖炉って一体どこに違いがあるの?

こんにちは。マツです。近頃とても冷え込んできましたね。ちょっと奮発した暖房器具を購入しようとした時、選択肢に上がるのが薪ストーブと暖炉だと思います。しかし、薪ストーブと暖炉の違いってご存知ですか?今回はその違いが分からない人のために薪ストーブと暖炉の特徴を紹介していきたいと思います。

薪ストーブと暖炉の違い

 

 薪ストーブと暖炉の最も大きな違いはその設置方法にあります。薪ストーブは室内に置いて使用するものですが、暖炉は壁に埋め込んで使うものです。設置方法は違いますが、薪をくべて火をつけるという暖の取り方はどちらも一緒です。もともと薪ストーブは暖炉の使い勝手を向上させようとして生まれたものなので薪ストーブの方が便利な場面が多いかも知れません。

薪ストーブのメリット

薪ストーブは暖炉が進化して生まれたものなので、何かと暖炉に勝る点が多いです。その一つは、炉が密閉されているため、輻射熱の効果で室内を効率的に温めることができるという点です。また、自然な暖房なので体への負担もあまりありません。二つ目は、燃費が非常に良いため、暖房代を節約することができる点です。中でも鋳物製の薪ストーブは蓄熱性が高いので少ない薪で長い時間の暖を取ることができます。

ちなみに薪は乾燥させたものを使用することでさらに燃焼効率を上げることができます。

暖炉のメリット

暖炉の薪ストーブに負けない特徴はインテリアとしての機能面です。壁に埋め込んで部屋との一体感を表現するのは薪ストーブではできません。暖炉を埋め込んだ部屋をどう彩るかを考えるのも楽しみの一つですね。

まとめ

薪ストーブと暖炉の違いをお分かりいただけたでしょうか。まとめると部屋のデザインとして必要であれば暖炉、それ以外は薪ストーブを選んでおけば間違いなさそうですね。どちらにせよ部屋を大きく占める暖房器具となるので。雰囲気にあった薪ストーブあるいは暖炉を購入することをオススメします。

関連タグ

薪ストーブお役立ち情報カテゴリー一覧

  • トラブル
  • 関連商品
  • 使い方
  • メーカー
  • 薪
  • 料理
  • DIY
スポンサードリンク